このページの本分へジャンプします 周南市立図書館 各図書館の総合案内
TOP > お知らせ

 
トップページ
図書館の利用ガイド
各図書館のご案内
行事・展示などの案内
開館日のご案内
移動図書館の巡回日程
予約はこちらから
貸出・予約状況の確認
新しく受け入れた本
雑誌一覧
新聞一覧
予約ベスト
貸出ベスト
郷土資料ギャラリー

周南市ホームページへ


中央図書館 新南陽図書館 熊毛図書館 鹿野図書館

8月の図書館催し
 中央図書館
   〜 展示 〜 
図書館資料貸出展示
夏休み企画展示
「かわいいおばけ・こわ〜いおばけ/ホラー・怪談小説/やってみよう!夏休みのお手伝い/将棋の本」
 期間  8月1日(火) 〜 8月31日(木)
 場所  中央図書館  1階エントランスホール
 内容 暑い夏にぞーっとするような怖いおばけの話やくすっと笑ってしまうかわいいおばけの話の本、夏休み中のお手伝い、料理や親子で一緒に楽しめる本や、今、注目の将棋の本などを集め、貸し出しをします。
図書館資料貸出展示
「芥川賞・直木賞」
 期間  8月1日(火) 〜 8月31日(木)
 場所  中央図書館  1階エントランスホール
 内容  芥川賞・直木賞を受賞した本を集めて展示し貸し出しをします。
 
ページの上へ
 
   〜とくやま読書会〜  毎月第1木曜日(定例)


読書会の風景 日時  8月 3日(木) 9時40分〜11時30分 
場所  中央図書館 
課題図書
タイトル  @(アイ)
著 者  西 加奈子
出版者  ポプラ社
 
ページの上へ
 
  〜 としょかんお話し会 〜  毎月第2土曜日(定例) 


日時  8月19日(土) 10時30分〜11時30分
場所  中央図書館 2階視聴覚室
 内容   絵本の読み聞かせ、紙芝居
 出演   子ども司書
問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682 
 
ページの上へ
 
  〜漢詩を読む会〜 毎月第3火曜日(定例) 会員制


期日  8月 8日(火)  ※8月は第2火曜日
時間  10時00分〜12時00分 (午前の部)
 13時30分〜15時30分 (午後の部)
場所  中央図書館 3階集会室
講師  小松 英生さん (元徳山高専教授)
内容 ◎ 午前の部…「漢詩のこころを読む」
漢詩を「旅」「情愛」「別離」などの主題別に読みます。初めての方でもわかりやすく読みます。
◎午後の部…「白楽天を読む」
白楽天の詩を読むことで、当然の生活や心情を身近に感じることができます。
定員  各80人 (受け付け順)
 ※4月20日(木)から受け付けします。
受講料  年額 5,000円 (資料代など)
問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682  
 
ページの上へ
 
  親子らいぶらり〜 毎月第4水曜日(定例


日時  8月23日(水) 10時00分 〜 11時00分
場所  中央図書館 3階集会室
内容  広い部屋で子どもを遊ばせながら、ゆっくりと育児書や料理本、絵本などを選んで借りることができます。
 子ども向けの動く絵本(DVD)の上映もあります。
対象  3歳までの乳幼児とその保護者
 参加料   無料
問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682
 
ページの上へ
 
            〜 英語絵本の読み聞かせ会〜  
        “ネイティブの英語で絵本を聞いてみよう!”                
            
 日時   9月16日(土)  13時00分〜14時00分 ※8月は中止
     場所    中央図書館
 内容  英語教師による英語絵本の読み聞かせ
 対象   小学1年生 〜 6年生
 定員  30名まで (受け付け順)
 参加料   無料
 主催   国際ソロプチミスト徳山 
問合せ   
 中央図書館 電話0834-22-8682 ファクス0834-27-1466
         Eメール toshokan@city.shunan.lg.jp
 
 
ページの上へ
 
〜  朗読カフェ in 図書館 


 日時   8月26日(土) 14時00分 〜15時30分
 場所   中央図書館 3階集会室 
 定員   30人程度 (※申込み不要)
 内容   お茶を飲みながら朗読を聞く (テーマは親子)
 参加料   無料 (※お茶代は別途100円、お茶の持参も可)
 問合せ   中央図書館 電話 0834−22−8682
 
 ページの上へ
 
   〜 夏休み子どもサイエンス教室 〜  


日時  8月 5日(土) 13時30分〜15時00分
場所  中央図書館 2階視聴覚室
対象   市内に在住する小学生
 内容   虫の体ってどうなってるんだろう?
  ※カイコの幼虫を観察し、体の仕組みを考えます。
 講師   天内 和人さん (徳山工業高等専門学校教授)
 定員   20人(受け付け順)
 参加料   500円(材料費など)
申込み  中央図書館 電話 0834−22−8682 
 
 ページの上へ
 
 〜 子ども司書養成講座 〜   


日時  8月16日(水)〜19日(土) 全4回 10時〜12時
場所  中央図書館 
対象   市内に在住・通学する小学5年生 〜 中学生
 内容   図書館の実務体験、お話し会での読み聞かせ など
  ※全日程出席で、子ども司書認定証を贈呈します。
 定員   20人(受け付け順)
参加料   無料
 持参物   筆記用具
申込み  7月21日(金)9時30分から受け付けています。
 中央図書館 電話 0834−22−8682
 
 ページの上へ
 
 新南陽図書館
 
   〜 展示 〜  
図書館資料貸出展示
「祭りの夜」
 期間  8月1日(火) 〜 8月31日(木)
 場所  新南陽図書館 入口展示コーナー
 内容 お祭りは、地域の伝統・文化・イベントとして各地で行われています。それぞれのお祭りの由来を調べたり、参加したりと、夏の夜を楽しんでいただけるような本を幅広く集めて展示しています。
図書館資料貸出展示
「びっくり!発見!科学の本」
 期間  8月1日(火) 〜 8月31日(木)
 場所  新南陽図書館 児童コーナー
 内容 ものがたりの本以外に、おもしろい本はたくさんあります。今回、いろいろな生き物、植物、体、機械、宇宙などの本物そっくりな絵、迫力ある写真の読み物や、絵本たちを集めてみました。この夏、「はじめて!」の感動に出会える本を見つけてみませんか?
 
 
ページの上へ 
 
 〜短歌をつくる会〜 毎月第2金曜日(定例)

日時  9月 8日(金) 10時00分 〜 12時00分 ※8月は中止
場所  新南陽図書館
 内容  図書館資料を参考に、短歌を作成
参加料   無料
 問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ
 
   〜くんちゃんおはなし会〜 毎月第2土曜日(定例)

日時  8月12日(土) 14時00分 〜15時00分
場所  新南陽図書館
内容   紙芝居・絵本の読み聞かせ
参加料   無料
 問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ
   〜古文書を始める会〜 毎月第2水曜日(定例)

日時  8月 9日(水) 10時00分 〜12時00分
場所  新南陽図書館
 内容   古文書を基礎から学ぶ勉強会
 参加料   1,000円程度 (テキスト代)
 問合せ   新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ
 〜あけぼの読書会〜 毎月第3金曜日(定例)

日時  8月18日(金) 10時00分 〜12時00分
場所  新南陽図書館
内容    図書館の書籍を使用した読書会
参加料   無料
問合せ    新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ 
 
 〜学校図書館を考える会〜 毎月第3土曜日(定例)

日時  8月19日(土) 10時00分 〜12時30分
場所  新南陽図書館
内容    学校図書館について考える会
参加料    無料
 問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
 
 ページの上へ
 
 熊毛図書館
 〜よみきかせの会〜 毎月第2土曜日(定例)

よみきかせの会風景 日時  8月12日(土) 10:30〜11:30
場所  熊毛公民館 (ゆめプラザ熊毛内)
内容    紙芝居・絵本の読み聞かせ
問合せ  熊毛図書館 電話 0833−92−0179
 
ページの上へ
 
  〜おりがみの時間〜 毎月第4土曜日(定例)


 日時   8月26日(土) 10時30分 〜11時30分   
 場所   熊毛図書館 親子読書コーナー
 主催   熊毛図書館及びボランティア
問合せ    熊毛図書館 電話 0833−92−0179
 
ページの上へ
 
 鹿野図書館
  〜夏休み子どもおたのしみ会〜 


日時  8月 4日(金) 10時00分 〜11時00分
場所  鹿野図書館
内容    絵本の読み聞かせ会、紙芝居 など
参加料   無料
問合せ    鹿野図書館 電話 0834−68−4141
 
 展示 「近代小説の世界(その1)」 〜 岩崎文庫から


図書館所蔵資料展示
「近代小説の世界(その1)」 
〜岩崎文庫から

  資料の解説:島根大学 
           田中則雄 教授
期間  8月1日(火) 〜 8月31日(木)
場所  鹿野図書館 1階展示ケース
内容 鹿野図書館では、所蔵している「岩崎文庫(岩崎家蔵書)」の展示公開(一部)を始めました。「岩崎文庫」は、鹿野で代々製薬業を営んでいた岩崎家が伝え残した、江戸中期から明治初期にかけての書籍1,058点により構成されています。保存状態が良く、書籍のジャンルが多彩であること、また、岩崎家伝来のものであることや、蔵書印・署名・書き込みがあるなどの特徴があります。当時の生活や文化はもちろんのこと、岩崎家の学問や教養を偲ばせる資料の数々をぜひご覧ください。
ページの上へ

トップページへ戻る
Copyright(C) Shunan Municipal Library