このページの本分へジャンプします 周南市立図書館 各図書館の総合案内
TOP > お知らせ

 
トップページ
図書館の利用ガイド
各図書館のご案内
行事・展示などの案内
開館日のご案内
移動図書館の巡回日程
予約はこちらから
貸出・予約状況の確認
新しく受け入れた本
雑誌一覧
新聞一覧
予約ベスト
貸出ベスト
郷土資料ギャラリー

周南市ホームページへ


中央図書館 新南陽図書館 熊毛図書館 鹿野図書館

12月の図書館行事
 中央図書館
   〜 展示 〜 
図書館資料貸出展示
Xmas for you
クリスマスをあなたに
 期間  12月1日(金) 〜 12月27日(水)
 場所  中央図書館  1階カウンター前書架
 内容 子どもも大人も楽しみなクリスマス。クリスマスにちなんだ本を集めてみました。
あなたのクリスマスに彩りを添えてください。
図書館資料貸出展示
「雪舟」
 期間  12月1日(金) 〜 12月27日(水)
 場所  中央図書館  1階エントランスホール
 内容 日本を代表する水墨画の巨匠、雪舟が描いた作品が83年ぶりに発見されました。
 雪舟は室町時代に大内氏の画僧として、山口を拠点に活躍しました。雪舟に関連する本を集めて貸し出しをします。
図書館資料展示
「冬の光景」
 期間  12月10日(日) 〜 1月30日(火)
 場所  中央図書館  2階展示コーナー
 内容 春夏秋冬を通じて最も寒い季節がやってきました。冬の厳しい寒さは自然や日々の小景を際立たせ、絵画の作品も数多く存在します。写真とは異なる冬の光景をご覧ください。 
図書館資料貸出展示
「宇野千代 〜生誕120年〜」
 期間  12月1日(金) 〜 12月27日(水)
 場所  中央図書館  1階カウンター前書架
 内容 明治30年(1897年)、玖珂郡横山村(現:岩国市川西町)生まれ、大正10年(1921年)に書いた処女作「脂粉の顔」が時事新報の懸賞小説で一等に入選したことで小説家の道を歩みだし、「色ざんげ」、「おはん」「薄墨の桜」など数々の名作を生み出しました。また、晩年に発表した自伝「生きていく私」は百万部を超えるベストセラーとなる。恋多き日々を送り、雑誌『スタイル』の編集や和服のデザインにも取り組みました。
 
ページの上へ
 
   〜とくやま読書会〜  毎月第1木曜日(定例)


読書会の風景 日時  12月7日(木) 9時40分〜11時30分 
場所  中央図書館 
課題図書
タイトル  明るい夜に出かけて
著 者  佐藤 多佳子
出版者  新潮社
 
ページの上へ
 
  〜 としょかんお話し会 〜  毎月第2土曜日(定例) 


日時  12月9日(土) 10時30分〜11時30分
場所  中央図書館 2階視聴覚室
 内容   絵本の読み聞かせ、紙芝居
 出演   中央図書館職員
問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682 
 
ページの上へ
 
  〜漢詩を読む会〜 毎月第3火曜日(定例) 会員制


期日  12月19日(火) 
時間  10時00分〜12時00分 (午前の部)
 13時30分〜15時30分 (午後の部)
場所  中央図書館 3階集会室
講師  小松 英生さん (元徳山高専教授)
内容 ◎ 午前の部…「漢詩のこころを読む」
漢詩を「旅」「情愛」「別離」などの主題別に読みます。初めての方でもわかりやすく読みます。
◎午後の部…「白楽天を読む」
白楽天の詩を読むことで、当然の生活や心情を身近に感じることができます。
定員  各80人 (受け付け順)
 ※4月20日(木)から受け付けします。
受講料  年額 5,000円 (資料代など)
問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682  
 
ページの上へ
 
  親子らいぶらり〜 毎月第4水曜日(定例


日時  12月27日(水) 10時00分 〜 11時00分
場所  中央図書館 3階集会室
内容  広い部屋で子どもを遊ばせながら、ゆっくりと育児書や料理本、絵本などを選んで借りることができます。
 子ども向けの動く絵本(DVD)の上映もあります。
対象  3歳までの乳幼児とその保護者
 参加料   無料
問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682
 
ページの上へ
 
            〜 英語絵本の読み聞かせ会〜  
        “ネイティブの英語で絵本を聞いてみよう!”                
            
 日時   12月9日(土)  13時00分〜14時00分 
     場所    中央図書館
 内容  英語教師による英語絵本の読み聞かせ
 対象   小学1年生 〜 6年生
 定員  30名まで (受け付け順)
 参加料   無料
 主催   国際ソロプチミスト徳山 
問合せ   
 中央図書館 電話0834-22-8682 ファクス0834-27-1466
         Eメール toshokan@city.shunan.lg.jp
 
 
ページの上へ
 
〜  朗読カフェ in 図書館 


 日時   12月16日(土) 14時00分 〜15時30分
 場所   中央図書館 3階集会室 
 定員   30人程度 (※申込み不要)
 内容   お茶を飲みながら朗読を聞く (テーマは親子)
 参加料   無料 (※お茶代は別途100円、お茶の持参も可)
 問合せ   中央図書館 電話 0834−22−8682
 
 ページの上へ
 
 新南陽図書館
 
   〜 展示 〜  
図書館資料貸出展示
メリー クリスマス♪
 期間  12月1日(金) 〜 12月27日(水)
 場所  新南陽図書館 入口展示コーナー
 内容 あの雪の日・・クリスマスイヴの夜・・、ワクワクしたあの冬の日を思い出してひと休みしませんか?
あわただしい毎日、あたたかな彩りを添える本を手に取ってみてください。
図書館資料貸出展示
人権週間
 期間  12月5日(火) 〜 12月10日(日)
 場所  新南陽図書館 カウンター前特設コーナー
 内容 広く人権問題に関する図書を集めて、展示・貸し出しを行っています。
図書館資料貸出展示
うきうき クリスマス
 期間  12月1日(金) 〜 12月27日(水)
 場所  新南陽図書館 児童コーナー
 内容 子どもも、大人も、動物たちも楽しみにしているクリスマス!みんなのクリスマスの様子をのぞいてみませんか?絵本や物語などがたくさんありますよ。
図書館資料貸出展示
お正月まで あと何日?
 期間  12月1日(金) 〜 12月27日(水)
 場所  新南陽図書館 児童コーナー
 内容 みんなで大掃除や、おせち料理の準備は大変ですが、お正月までの楽しい時間でもありますね。
新しい年を迎えるためにしておきたいことや、行事の由来などの本を集めて展示しています。
 
 
ページの上へ 
 
 〜短歌をつくる会〜 毎月第2金曜日(定例)

日時  12月 8日(金) 10時00分 〜 12時00分 
場所  新南陽図書館
 内容  図書館資料を参考に、短歌を作成
参加料   無料
 問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ
 
   〜くんちゃんおはなし会〜 毎月第2土曜日(定例)

日時  12月 9日(土) 14時00分 〜15時00分
場所  新南陽図書館
内容   紙芝居・絵本の読み聞かせ
参加料   無料
 問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ
   〜古文書を始める会〜 毎月第2水曜日(定例)

日時  12月13日(水) 10時00分 〜12時00分
場所  新南陽図書館
 内容   古文書を基礎から学ぶ勉強会
 参加料   1,000円程度 (テキスト代)
 問合せ   新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ
 〜あけぼの読書会〜 毎月第3金曜日(定例)

日時  12月15日(金) 10時00分 〜12時00分
場所  新南陽図書館
内容    図書館の書籍を使用した読書会
参加料   無料
問合せ    新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ 
 
 〜学校図書館を考える会〜 毎月第3土曜日(定例)

日時  12月16日(土) 10時00分 〜12時30分
場所  新南陽図書館
内容    学校図書館について考える会
参加料    無料
 問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 ページの上へ
 
 熊毛図書館
 〜よみきかせの会〜 毎月第2土曜日(定例)

よみきかせの会風景 日時  12月9日(土) 10:30〜11:30
場所  熊毛公民館 (ゆめプラザ熊毛内)
内容    紙芝居・絵本の読み聞かせ
問合せ  熊毛図書館 電話 0833−92−0179
 
ページの上へ
 
  〜おりがみの時間〜 毎月第4土曜日(定例)


 日時   12月16日(土) 10時30分 〜11時30分   
 場所   熊毛図書館 親子読書コーナー
 主催   熊毛図書館及びボランティア
問合せ    熊毛図書館 電話 0833−92−0179
 
ページの上へ
 鹿野図書館
 
 展示 「近代小説の世界(その1)」 〜 岩崎文庫から


図書館所蔵資料展示
「近代小説の世界(その1)」 
〜岩崎文庫から

  資料の解説:島根大学 
           田中則雄 教授
期間  12月1日(金) 〜 12月27日(水)
場所  鹿野図書館 1階展示ケース
内容 鹿野図書館では、所蔵している「岩崎文庫(岩崎家蔵書)」の展示公開(一部)を始めました。「岩崎文庫」は、鹿野で代々製薬業を営んでいた岩崎家が伝え残した、江戸中期から明治初期にかけての書籍1,058点により構成されています。保存状態が良く、書籍のジャンルが多彩であること、また、岩崎家伝来のものであることや、蔵書印・署名・書き込みがあるなどの特徴があります。当時の生活や文化はもちろんのこと、岩崎家の学問や教養を偲ばせる資料の数々をぜひご覧ください。
ページの上へ

トップページへ戻る
Copyright(C) Shunan Municipal Library