このページの本分へジャンプします 周南市立図書館 各図書館の総合案内
TOP > お知らせ

 
トップページ
図書館の利用ガイド
各図書館のご案内
行事・展示などの案内
開館日のご案内
移動図書館の巡回日程
予約はこちらから
貸出・予約状況の確認
新しく受け入れた本
雑誌一覧
新聞一覧
予約ベスト
貸出ベスト
郷土資料ギャラリー

周南市ホームページへ


中央図書館 新南陽図書館 福川図書館 熊毛図書館 鹿野図書館
徳山駅前図書館

図書館の行事 (7月)
子ども向けの行事
中央図書館  としょかんおはなし会
英語絵本の読み聞かせ
親子らいぶらり
 新南陽図書館 くんちゃんおはなし会
 熊毛図書館  よみきかせの会
おりがみの時間
 
 中央図書館
 
〜夏休みの行事〜
子ども司書養成講座
  
 期間 7月31日(水) 〜 8月3日(土)
 場所 中央図書館
 内容 図書館の仕事を体験してみよう!最終日には、お話し会も実演してもらいます。4日間参加したら、「認定証」を差し上げます。
対象:小学5年生〜中学生
詳しくは、こちら...(申込みはしめきりました。)
夏休み子どもサイエンス教室「むし虫ムシ?」   期間  7月31日(水)
 場所  中央図書館 3階集会室
 内容  昆虫のからだのしくみなどを、カイコをつかってしらべてみましょう。
詳しくは、こちら... (申込みはしめきりました。)
なつやすみキャンペーン
 期間 7月19日(金) 〜 8月30日(金)
 場所 中央図書館
 内容 期間中に中央図書館に来ると、スタンプが押してもらえます。スタンプを集めると、プレゼントがもらえるよ。
対象:乳幼児〜小学生
詳しくは、こちら...
 アニメーション映画会   期間  8月8日(木)
場所  中央図書館 2階視聴覚室
 内容  「トム・ソーヤーの冒険」を上映します。
詳しくは、こちら...
  〜1階展示〜
 
図書館資料貸出展示
「芥川・直木賞
 期間 7月2日(火) 〜 7月31日(水)
 場所 中央図書館 エントランスコーナー
 内容 今月、第161回(2019年上半期)の芥川賞・直木賞の候補作品の発表があることを受けて、作品を紹介しています。
図書館資料貸出展示
「竹久夢二展」
 期間 7月2日(火) 〜 7月31日(水)
 場所 中央図書館 エントランスコーナー
 内容 周南市美術博物館で開催される「竹久夢二展」にあわせ、竹久夢二に関する資料を展示します。
図書館資料貸出展示
「梅雨の季節がやってきました」
 期間 7月2日(火) 〜 7月21日(日)
 場所 中央図書館 1階カウンター前書架
 内容 6月1日は、気象記念日です。
大地の恵みとなる梅雨の季節は、農作物の成長にとって、欠かせないものです。こんな季節の気候のしくみが分かる本や雨の日に読んで欲しい絵本などを集めました。
ページの上へ
 〜2階展示〜
 
 図書館資料展示
「春の女神 ギフチョウ」 
期間   7月2日(月) 〜 7月25日(木)
場所  中央図書館 2階フロア 展示コーナー
内容  ギフチョウは、春の女神と呼ばれる日本固有種の蝶です。2018年には絶滅危惧種TAに指定されました。
今回は、そんなギフチョウをご紹介します。
 

徳山藩再興300年を記念して、当館所蔵の貴重資料を展示します。

 7月は、「徳山御還附一件」と「徳山藩家御還府実録」を展示しています
 図書館資料展示 
 期間  7月2日(火) 〜 7月31日(水)
 場所 中央図書館 2階フロア 展示コーナー 
 内容  正徳5年(1715)、三代藩主元次の時代、久米村万役山の松の木1本が伐採されたことから、宗家(萩本家)との争いが生じ(万役山事件)、これが発端となって徳山藩改易(お家取り潰し)となりました。
後に、奈古屋里人を中心とする藩の再興運動が認められ、享保4年(1719)、幕府は嫡子・百次郎(四代元堯)へ家督相続を認めることで、約4年ぶりに藩が再興されました。
ページの上へ 
   〜とくやま読書会〜  毎月第1木曜日(定例)

日時 7月4日(木) 9時40分 〜 11時30分
場所 中央図書館 2階視聴覚室
課題図書
タイトル  そして、バトンは渡された
著 者  瀬尾 まいこ
出版者  文藝春秋
ページの上へ 
  〜漢詩を読む会〜 毎月第3火曜日(定例) 会員制


期日 7月9日(火) 
時間 10時00分〜12時00分 (午前の部)
13時30分〜15時30分 (午後の部)
場所 中央図書館 3階集会室
講師 小松 英生さん (元高等専門学校教授)
内容 ◎ 午前の部…「漢詩のこころを読む」
唐代の漢詩のほかいろいろな漢詩を読み味わい、作者の心情を訪ねます。
◎午後の部…「白楽天を読む」
自然を愛し、人の世の哀楽に思いをひそめた白楽天の詩を読みます。
定員 40人 (受け付け順)
受講料 年間 5,000円 (受講料、資料代など)
問合せ 中央図書館 電話 0834−22−8682  
ページの上へ
 
としょかんおはなし会〜  
 日時 7月13日(土) 10時30分 〜 11時30分
 場所 中央図書館 3階集会室
 内容 人形劇
 対象 乳幼児〜児童と保護者 (申込み不要)
 問合せ 中央図書館 電話 0834−22−8682   
ページの上へ
 
          
     〜英語絵本の読み聞かせ会〜 
     ”ネイティブの英語で絵本を聞いてみよう!”     
                                      
日時  7月13日(土) 13時00分 〜 14時00分
場所 中央図書館 2階視聴覚室
内容 英語教師による英語絵本の読み聞かせなど
対象 小学1年生〜6年生
定員 30名まで  (受け付け順)
参加料 無料
主催 国際ソロプチミスト徳山
問合せ
中央図書館 電話 0834-22-8682 ファクス 0834-27-1466
Eメール toshokan@city.shunan.lg.jp
ページの上へ 
 
    〜 親子らいぶらり 〜

日時 7月24日(水) 10時00分 〜 11時00分
場所 中央図書館 2階視聴覚室
 内容 子供向けDVD上映と育児書等の貸出
 対象  3歳児までの乳幼児と保護者 (申込み不要)
 問合せ 中央図書館 電話 0834−22−8682
 ページの上へ
      〜  朗読カフェ in 図書館 
 日時 7月27日(土) 14時00分 〜 15時30分 
 場所  中央図書館 3階集会室
 内容  お茶を飲みながら朗読を聞く  (テーマ:歌の歌詞を朗読で))
 定員  30人程度 (申込み不要)
 参加料  無料 (※お茶代は別途100円、お茶の持参も可)
 問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682
 ページの上へ
 新南陽図書館
   〜 展示 〜  
図書館資料貸出展示
「日本の山・世界の山」
 期間 7月2日(火) 〜 7月31日(水)
 場所 新南陽図書館 入口展示コーナー
 内容 南北3,500km以上にわたって連なる日本列島、その約7割が山地です。
本を通じて、あるいは、実際に足を運んで、四季折々に変わる山地・山脈の風景を楽しんでみませんか?
図書館資料貸出展示
「おばけ・ゆうれい」
 期間 7月2日(火) 〜 7月31日(水)
 場所 新南陽図書館 児童コーナー
 内容 暑い夏の夜、こわーい話を読んで、ゾーっとなるのが好きですか?それとも、ゆかいなおばけやゆうれいの話で大笑いするのが好きですか?どちらの本もたくさん準備してお待ちしています。
 
ページの上へ 
〜くんちゃんおはなし会〜 毎月第2土曜日(定例) 
日時  7月13日(土) 14時00分 〜 15時00分 
 場所 新南陽図書館
 内容 紙芝居・絵本の読み聞かせ
 参加料 無料
 問合せ 新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 
ページの上へ 
 〜古文書を始める会〜 毎月第2水曜日(定例)

日時 7月10日(水) 10時00分 〜 12時00分
場所 新南陽図書館
 内容 古文書を基礎から学ぶ勉強会
参加料  1,000円程度 (テキスト代)
 問合せ 新南陽図書館 電話 0834−62−1150
ページの上へ
 
   〜短歌をつくる会〜 毎月第2金曜日(定例)

日時 7月12日(金) 10時00分 〜 12時00分
場所 新南陽図書館
内容  図書館資料を参考に、短歌を作成
参加料  無料
 問合せ 新南陽図書館 電話 0834−62−1150
ページの上へ
 〜あけぼの読書会〜 毎月第3金曜日(定例)

日時 7月19日(金) 10時00分 〜 12時00分
場所 新南陽図書館
内容  図書館の書籍を使用した読書会
参加料 無料
問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
 ページの上へ
 福川図書館
 
ページの上へ
 熊毛図書館
 〜よみきかせの会〜 毎月第2土曜日(定例)

よみきかせの会風景 日時 7月13日(土) 10時30分 〜 11時30分
場所 ゆめプラザ熊毛
内容   紙芝居・絵本の読み聞かせ
問合せ 熊毛図書館 電話 0833−92−0179
 
ページの上へ
 
  〜おりがみの時間〜 毎月第4土曜日(定例)

 日時   7月27日(土) 10時30分 〜 11時30分   
 場所   熊毛図書館 親子読書コーナー
 主催   熊毛図書館及びボランティア
問合せ    熊毛図書館 電話 0833−92−0179
 
ページの上へ
 鹿野図書館(岩崎文庫)
 期 間  常設展示
 場 所  鹿野図書館 1階展示ケース
内 容
江戸の教科書 
 鹿野図書館では、所蔵している「岩崎文庫(岩崎家蔵書」の展示公開(一部)を始めました。「岩崎文庫」は、鹿野で代々製薬業を営んでいた岩崎家が伝え残した、江戸中期から明治初期にかけての書籍等1,058点により構成されています。保存状態が良く、書籍のジャンルが多彩であること、また、岩崎家伝来のものであることや、蔵書印・署名・書き込みがあるなどの特徴があります。
当時の生活や文化はもちろんのこと、岩崎家の学問や教養を偲ばせる資料の数々をぜひご覧ください。
 
ページの上へ
  徳山駅前図書館
  
 イベント情報は、徳山駅前図書館ホームページをご覧ください。  こちらです。

トップページへ戻る
Copyright(C) Shunan Municipal Library