このページの本分へジャンプします 周南市立図書館 各図書館の総合案内
TOP > お知らせ

 
トップページ
図書館の利用ガイド
各図書館のご案内
行事・展示などの案内
開館日のご案内
移動図書館の巡回日程
予約はこちらから
貸出・予約状況の確認
新しく受け入れた本
雑誌一覧
新聞一覧
予約ベスト
貸出ベスト
郷土資料ギャラリー

周南市ホームページへ


中央図書館 新南陽図書館 福川図書館 熊毛図書館 鹿野図書館 徳山駅前図書館

図書館の行事 (1月)
子ども向けの行事
中央図書館  としょかんおはなし会
英語絵本の読み聞かせ
親子らいぶらり
 新南陽図書館 くんちゃんおはなし会
 熊毛図書館  よみきかせの会
おりがみの時間

 中央図書館
 〜1階図書館資料 展示及び貸出〜


若い人に贈る読書のすすめ

〜新たな一歩を踏み出したフレッシュなあなたに〜
 期間 1月5日(日)〜1月30日(木)
 場所 中央図書館 1階エントランスコーナー
 内容 1月13日は「成人の日」です。そして、これから卒業シーズンを迎えます。公益財団法人・読書推進協議会が令和元年度にお薦めする本を集めました。(平成29年度・30年度の本も一緒に展示しています)
第162回(2019年下半期) 芥川賞・直木賞 候補作 期間 1月5日(日)〜1月30日(木)
場所 中央図書館 1階エントランスコーナー
内容 来る1月15日に決定する「芥川賞・直木賞」の候補作ならびに候補者の作品を集めています。

手帳・ノート活用術」

〜新年からの”手帳ライフ”〜
期間 1月5日(日) 〜1月30日(木)
場所 中央図書館 1階カウンター前書架
内容 スケジュール管理をスマートフォンで処理する人が増える一方、日々の生活の記録には手帳が手放せないという人も多くいます。新しく手帳を買い替えて、予定や目標を書き込むのは、ワクワクします♪
手帳ライフに役立つ本を集めました。
  「麒麟(きりん)が来る」

〜令和2年大河ドラマ〜
 期間  1月5日(日) 〜1月30日(木)
 場所  中央図書館 1階カウンター前書架
 内容

伝説の麒麟は平穏な世にやってくるという。戦いの絶えない混迷の時代、その若者は多くの人と出会い、戦国の世に翻弄されながら必死に生きた。明智光秀。まだ何者でもない一人の青年の物語がはじまる。令和2年大河ドラマの放映開始に合わせて、明智光秀や戦国武将に関する資料を集めました。  

  「健康」

〜HEALTHYな生活をしてみましょう〜
 期間  1月5日(日)〜1月30日(木)
 場所  中央図書館 1階カウンター前書架
 内容  規則正しい生活・バランスのとれた食事・適度な運動・十分な睡眠を心がけると心身ともに健康になれるかもしれません。健康に関連するような本を集めました。
「SF(サイエンスフィクション)」   期間  1月5日(日)〜1月30日(木)
 場所  中央図書館 1階カウンター前書架
 内容 日本では、科学小説、空想科学小説と訳されるSF(サイエンスフィクション)の小説等を集めてみました。
 ページの上へ
 〜2階企画展示〜

 子年令和2年は
  
ねずみ年〜 
期間   1月5日(日) 〜1月30日(木)
場所  中央図書館 2階フロア 展示コーナー
内容 東京オリンピックが開催される今年は、子年になります。ねずみは、穀物を荒らしたり、病気を媒介することから、厄介者として扱われる一方、多産であることから、子孫繁栄を導き、本能的に災いを素早く察知して、家を守るともいわれています。
また、白ねずみは、福の神といわれている大黒柱の使いとされ、よく働くことから人々に富を与え、財産を守ると信仰されてきました。今年の主役である「ねずみ」が登場するお話を紹介します。
ページの上へ 
   〜とくやま読書会〜  毎月第1木曜日(定例)

1月はお休みです。
                                                                                                                                                       
ページの上へ 
  〜漢詩を読む会〜  毎月第3火曜日(定例) 会員制
期  日  1月21日(火)
 時   間 10時00分〜12時00分(午前の部)
13時30分〜15時30分(午後の部)
場   所  中央図書館 3階集会室
 講   師  小松 英生さん (元高等専門学校教授)
 内   容  ◎午前の部・・・「漢詩のこころを読む」
唐代の漢詩のほかいろいろな漢詩を読み味わい、作者の心情を訪ねます。
◎午後の部・・・「白楽天を読む」
自然を愛し、人の世の哀楽に思いをひそめた白楽天の詩を読みます。
 定   員  40人(受け付け順)
 受 講 料  年間 5,000円(受講料、資料代など)
 問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682
ページの上へ
 
としょかんおはなし会〜  
入場無料、入退場自由です。お気軽にどうぞ♪♪
 日 時  1月11日(土) 10時30分 〜 11時30分
 場 所  中央図書館 2階視聴覚室
 内 容  絵本の読み聞かせ・紙芝居など
 対 象  乳幼児〜児童と保護者(申込み不要)
 問合せ  中央図書館 電話 0834−22−8682
ページの上へ
 
          
     〜英語絵本の読み聞かせ会〜 
     ”ネイティブの英語で絵本を聞いてみよう!”     
                                      
日時   1月11日(土) 13時00分 〜 14時00分
場所    中央図書館 2階視聴覚室
内容   英語教師による英語絵本の読み聞かせ
対象    小学1年生〜6年生
 定員   30名まで (申し込み順)
参加料    無料
主催    国際ソロプチミスト徳山
問合せ    中央図書館 電話 0834−22−8682
 
ページの上へ 
 
    〜 親子らいぶらり 〜
入場無料、入退場自由です。お気軽にどうぞ♪♪

日時 1月22日(水) 10時00分 〜 11時00分
場所 中央図書館 2階視聴覚室
 内容 子供向けDVD上映と育児書等の貸出
 対象  3歳児までの乳幼児と保護者 (申込み不要)
 問合せ 中央図書館 電話 0834−22−8682
ページの上へ
    朗読カフェin図書館
日時  1月25日(土) 14時00分〜15時30分
 場所 中央図書館 3階集会室 
 内容  お茶を飲みながら朗読を聞く
(テーマは、「オリンピック」
 定員  30人程度(申込み不要)
 参加料  無料(※お茶代は別途100円、お茶の持参も可)
 問合せ  中央図書館 電話(0834)22−8682
 ページの上へ
 新南陽図書館
   〜 展示及び貸出 〜  
図書館資料貸出展示
「下剋上」
 期間 1月5日(日) 〜 1月30日(木)
 場所 新南陽図書館 入口展示コーナー
 内容 2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)が来る」の主人公は、明智光秀です。光秀と同じく野望を抱いた古今東西の様々な「下剋上」を集めました。
図書館資料貸出展示
「ねずみどし」
 期間 1月5日(日) 〜 1月30日(木)
 場所 新南陽図書館 児童コーナー
 内容 今年の干支は、ねずみです。昔話やお話しの中によく登場する、身近な動物です。
 
ページの上へ 
〜くんちゃんおはなし会〜 毎月第2土曜日(定例) 

日時  1月11日(土) 14時00分 〜 15時00分 
 場所  新南陽図書館
 内容  紙芝居・絵本の読み聞かせ
 参加料  無料
 問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150
ページの上へ 
 〜古文書を始める会〜 毎月第2水曜日(定例)

日時 1月8日(水) 10時00分 〜 12時00分
場所 新南陽図書館
 内容 古文書を基礎から学ぶ勉強会
参加料  1,000円程度 (テキスト代)
 問合せ 新南陽図書館 電話 0834−62−1150
ページの上へ
   〜短歌をつくる会〜 毎月第2金曜日(定例)

日時 1月10日(金) 10時00分 〜 12時00分
場所   新南陽図書館
 内容  図書館資料を参考に、短歌を作成
参加料   無料
問合せ   新南陽図書館 電話 0834−62−1150
ページの上へ
 〜あけぼの読書会〜 毎月第3金曜日(定例)

日時 1月17日(金) 10時00分 〜 12時00分
場所 新南陽図書館
内容  図書館の書籍を使用した読書会
参加料 無料
問合せ  新南陽図書館 電話 0834−62−1150

 ページの上へ
 福川図書館
ページの上へ

 熊毛図書館         
〜よみきかせの会〜 毎月第2土曜日(定例)

よみきかせの会風景 日時  1月11日(土) 10時30分 〜 11時30分
場所  ゆめプラザ熊毛
内容    紙芝居・絵本の読み聞かせ
問合せ  熊毛図書館 電話 0833−92−0179
ページの上へ
 〜おりがみの時間〜 毎月第4土曜日(定例)
 日 時  
 1月25日(土) 10時30分 〜 11時30分
  
 場 所   熊毛図書館 親子読書コーナー
主 催   熊毛図書館及びボランティア
問合せ    熊毛図書館 電話 0833−92−0179
ページの上へ
 鹿野図書館(岩崎文庫)
 期 間  常設展示
 場 所  鹿野図書館 1階展示ケース
内 容
江戸の教科書 
 鹿野図書館では、所蔵している「岩崎文庫(岩崎家蔵書」の展示公開(一部)を始めました。「岩崎文庫」は、鹿野で代々製薬業を営んでいた岩崎家が伝え残した、江戸中期から明治初期にかけての書籍等1,058点により構成されています。保存状態が良く、書籍のジャンルが多彩であること、また、岩崎家伝来のものであることや、蔵書印・署名・書き込みがあるなどの特徴があります。
当時の生活や文化はもちろんのこと、岩崎家の学問や教養を偲ばせる資料の数々をぜひご覧ください。
ページの上へ
  徳山駅前図書館
 イベント情報は、徳山駅前図書館ホームページをご覧ください。  こちらです。
ページの上へ

トップページへ戻る
Copyright(C) Shunan Municipal Library